故人は株券を持っていたはずだが、どこの証券会社に口座があるのか分からない、という場合は、証券保管振替機構、通称、『ほふり』で、所有されている株券を調べることができます。

 

『ほふり』は、上場企業の株式や、社債などを管理している機関

口座がある証券会社が分かっていれば、その証券口座に保管されている株券などを調べることができますが、証券会社が分からないときは、ほふりに調査依頼をおこなうことで、故人が保有している株券と、それが保管されている証券会社までを、知ることができます。

A証券と、どこかもうひとつ、証券会社の取引があったはず、、、と、あいまいなときなどに利用できます。

 

登録済加入者情報の開示請求

相続人の身分証明書、故人との相続関係を証明する戸籍謄本や法務局の法定相続情報などを準備し、郵送で、登録済加入者情報の開示請求をおこないます。

受付から2週間程度で、結果が返送されてきますので、そちらで証券口座の情報が確認できましたら、証券会社へ連絡を取り、相続手続きをおこないます。

開示請求の詳しい手順は、証券保管振替機構ホームページ(https://www.jasdec.com/system/less/certificate/kaiji/chokusetu/index.html)をご確認ください。