お孫さんに相続させたいというお話をよく伺います。結論から申しますと、亡くなってしまわれた後に、直接お孫さんへ名義を相続させることはできません。

たとえば父が亡くなって、家の名義を相続するにあたり、自分の子、つまり故人からみた孫にあたる方へ名義を変更することはできません。

いったん、父の子である自分が名義を取得し、将来ご自身が亡くなった後に、次の遺産相続として、孫である方へ名義が相続されることになります。

ご生前に名義を変更すると、贈与税が課税されますので、何かご事情がない限りは、ご生前に名義を変更することは、通常おこないません。

子が先に他界しているときは、孫が相続人となる

父、子、孫と3世代あるときに、先に子が亡くなり、次いで父が亡くなった時は、孫が父の法定相続人となります。代襲相続といいます。

なお、直系相続の場合は、孫が亡くなっていれば、さらにひ孫、ひひ孫(やしゃ子)へと、エンドレスに相続がなされますが、兄弟が相続人となるケースでの代襲相続は、おい・めいまでで、その子へは相続は発生しません。

遺言書があれば、孫への遺産相続も可能

お元気なうちに、孫へ相続させる旨の遺言書を作成しておけば、直接お孫さんへ名義を相続させることが可能になります。

先祖代々の土地を保存していく、お孫さんへ資産を相続させたいというお考えの方は、なるべく早期に遺言書などで準備をされることをおすすめします。